メニュー

不死鳥

作詞作曲:イマドン
唄:イマドン

「死ぬのは怖いか?」
「死ぬのは怖いさ」
「あの不死鳥のようになってみたいか?」
「まあなってみたいかなあ」

生命(いのち)は必ず土に帰る
魂(こころ)は必ず天に昇る
こんなやつでもやがて灰になる
これが運命(さだめ)なのか
これが運命(さだめ)なのか…

「永遠」も多分存在しない
「絶対」も多分存在しない
どんな物(者)でもいつかは終わりが来る….
終わりが来る…..

ああ 不死鳥よ
僕に永遠(とわ)を  …..  永遠(とわ)を  …..
与えて下さい。

ああ 不死鳥よ
僕に 絶対を   ….  絶対を  …
今確かに「ここで」生きている

「死ぬのは怖いか?」
「死ぬのは怖いさ」
「でもさ、何でいつかは死ぬのかな?」
「それが”使命”だからじゃないかな」

ああ 空を飛んでみたいな
飛んでみたいな
多分無理さ。

ああ 不死鳥よ
僕はあなたみたいになりたいと思ってました。
思ってました。

人間は約80年の生涯を数々の仲間と共に歩んで行く
地球(ほし)の中で人間は
「これっぽっちの間」の「これっぽっちな存在」なのさ
でもなぜ人間はそんなに一生懸命に生きようとする?
なぜ今を生きようとする?

それはね。
「限られた時の中でどれだけ幸せを求めて
人間性や愛・感情を育んでどれだけ
一生懸命に泣き笑いを表現しながらこれっぽっちの努力を
こんなにも大きな何かに変えて残していくためなんだよ。」

「死ぬのは怖いか?」
「死ぬのは怖いさ」
「でもさ。やっぱり僕は要らないかな。」
「不死鳥さん。」
「僕は今を精一杯生きたい。」