メニュー

♪優
君は他人に求め過ぎ

何もかも。何もかも。

僕には僕の善がある

君には君の善がある

答えなんて本当はない

思い出達が教えてくれたから。
人って本当にデリケートだと思う

だって傷口に少し触れたら痛がるから。

思えば思うほど

本当はとても弱くて臆病なんだ
それをオブラートに包んであげて

傷付かないように扱ってあげて

傷付いたら癒してあげて

良いことがあったら「やったね」って喜んであげて

一つ一つの喜怒哀楽を共有してあげて。

生きてるの。
la la la …
それが人にとって鋭利なものであればね

傷を負わないように守るの普通でしょ?

でも逆に温かいものだと分かると

その温もりに溺れるんだ。
揺りかごが突然ひっくり返っても

優しくいつまでも動かないでいても

残酷なことにいずれは滅びるんだよね。

悲しいよね。

思えば思うほど 本当はとても弱くて臆病なんだ
その温もりが欲しくて

いつの間にか必死になって

分からなくなれば嘆いて

でもそれは気付いていないだけで。

たまに目の前の恵みに気付かされながら

生きてるの。
la la la …
それをオブラートに包んであげて

傷付かないように扱ってあげて

傷付いたら癒してあげて

最期にしわくちゃになりながら「ありがとう」って。

一つ一つの恵みに感謝しながら

目を閉じるの。
la la la …
実に単純な…

実にナイーブな…

でもとても強がりな…

そして欲張りな…
ah …